2009年5月13日、「Gibson x Epiphone Band Contest 2009」、最終スタジオ・ライブ審査がギブソン・ジャパンのスタジオにて開催!!
05/17/2009

さる513日、Gibson Japan主催のバンド・コンテストGibson Epiphone Band Contest 2009の最終スタジオ・ライブ審査が、ギブソン・ジャパンの地下スタジオにて開催された。

 

2月に応募がスタートした当バンド・コンテストは、4つのカテゴリー(アダルト・バンド、キッズ・バンド、ガールズ・バンド、エア・ギター・バンド)にて募集を行い、この日1次&2次審査を通過した計6組のバンドがギブソン・ジャパンに勢揃いした。


   

        出場バンド*演奏順

    
               
1. コークジーンズ         2. Coal Sack         3. melodeon
               
4. ぎんじねこ –ginjineko-         5. 益子リョウマ&THE BULLHEADS         6. DEFUNK THE ELEPHANT


ロック、ブルース、ヘビメタ、自作の打ち込み音源をバックにした演奏まで、それぞれのバンドが個性的で熱い演奏を披露した。当日は、特別にギブソンのアコースティック・ディビジョンであるモンタナより来日していたマスター・ルシアー、レン・ファーガソン氏も審査に参加、日本の生のミュージック・シーンを体感した。

 

およそ2時間にわたるパフォーマンス審査の後、5人の審査員により上位3組が決定、9Fのラウンジで授賞式が行われた。堂々1位に輝いたのは、力強いブルースを披露した「益子リョウマ&THE BULLHEADS、2位には自身の打ち込みをバックにユニークな独奏を披露した「ぎんじねこ-ginjineko-、そして3位には最初のパフォーマーながら会場を大いに盛り上げた「コークジーンズ」。受賞したバンドは、それぞれレン・ファーガソン氏より賞品のギターを直接受け取った。(1位:Gibson J45&Epiphone Les Paul Custom GX、2位Epiphone UltraⅡ」、3位Epiphone Les Paul Standard Plus Top

 

                   
           
                    益子リョウマ&THE BULLHEADS
            受賞バンド 表彰式

 

授賞式の後は出演者同士、又は審査員、スタッフと親交を深め、それぞれが音楽によって生まれた絆をあらためて実感した。なお、この模様は大人の音楽専門TV「Music Air」で放映される予定。


Theme Of Gibson×Epiphone Band Contest

 



HyperLink   StumbleUpon   Digg!   PostToDelicious   RSS 2.0 Feed